ABOUT

Aboutus

CONCEPT

Dress vintage like women does.

HISTORY

RUMBLE RED(ランブルレッド)は、メンズのヴィンテージウェアへの憧憬からつくられたウィメンズブランドです。

時代や年月、持ち主の暮らしによってつくられたUSED , VINTAGE いわゆるFURUGIはひとつひとつに個性があります。
わたしたちは、このようなオリジナリティに心躍らされます。
ただ、わたしたちが好むワーク、ミリタリーなどのヘリテイジな古着は男性用が多く、女性用はほとんどありません。

デザイン、気分、共に、女性らしく、いつまでも着られる服が欲しい。
わたしたちの服つくりは、この想いからはじまりました。

普遍的な形、つくり、雰囲気をしっかりと捉えながらも、サイズ、シルエット、ディテールに、女性ならではのエレガントさを取り入れ、 本物志向の女性がリアルに楽しめる上質な服をつくりたい。

ヴィンテージを美しく。

RUMBLE REDは、ここにしかない高揚感と時代に左右されない存在感を持った大人の女性がいつまでも愛せるワードローブを提案します。


------


RUMBLE RED as women's brand longing Men's vintage wear. 

People create fashion from daily life with function in old days which is called vintage addict to us so much with itself originality. 
On the other hand, vintage items like military, work, heritage wear were designed for Men's wear but not for women's. 
To create clothes as women's fashion with design, feelings, atmosphere. 
We aim to supply premier & heritage fashion with universal type, also ladies essence of elegant as real clothing.
This is our philosophy to begin this brand. 

Dress vintage like a women does. 

RUMBLE RED, elation not exist so far & this wardrobe loved by women forever. 

PROFILE

  •  dsc0375
    Designer / Director
    Nagisa Makino / Yohei Makino
    (経歴)
    服装学、建築学とそれぞれ異なる角度から意匠・デザインを学ぶ。

    それぞれ、アパレル会社、広告会社で互いにクリエイティブの経験を積み、2012年株式会社ランチフィールドを設立、RUMBLE REDを構想。

    ファーストコレクションの制作に2年の歳月を掛け2014年にデビュー。

    2019年、Tokyo新人デザイナーファッション大賞プロ部門入賞。
    http://www.creators-tokyo.com/creators

    2020年、制作の拠点を海に山と豊かな自然に恵まれた歴史ある地、葉山に移す。

    自身らもヴィンテージラバーであり、ヴィンテージウェアへの造詣をもとに、自分たちなりに前衛的解釈を行ったリアルクロージングを提案している。


    -----


    (メッセージ)
    RUMBLE REDは、メンズ服の普遍的な形やヴィンテージに強い憧憬を抱いてつくったブランドです。

    メンズでは、色落ち・シワ・あたり・擦れといった長く使うことで生じる経年変化への美意識があります。
    わたしたちはこれを、ひとつの服と長く付き合うことはアイデンティティを持つ服が育つということだと理解しています。

    ファッションアディクトなわたしたちは、ご多分に漏れず、モードもストリートもトレンドも大好きです。
    フィーリングでつくられたカジュアルなアイテムも好きですし、こだわりが詰まったヘヴィなアイテムも好きです。
    また、年齢を重ねるごとに、服を纏うことに品の良さや着心地の良さも考えるようになりました。

    ひとつの服と長く付き合うことを大切にしながら、そこに、時代感や時々の気分、そして、日々の暮らしで感じることを組み合わせる、この感覚がわたしたちの目指すファッションのスタイルだと思っています。

    夢のひとつであるアパレルブランドの設立は、わたしたちにとってたいへん大きな前進です。
    わたしたちが想うリアルクロージングをできる範囲で少しずつじっくりとつくっていきたいと思います。

    それでは、RUMBLE REDの世界をどうぞご堪能ください。
    どうぞよろしくお願いいたします。